はみだしっ子part10 山の上に吹く風は

 そして、ついに「山の上」に来る!……

 このコミックスまるまる一冊分(最初の「花とゆめ」コミックス版のことだが)にも及ぶ長編で、いよいよ「はみだしっ子」たちが、本当に「はみだし」へとはまり込んでいく――それまで浮き沈みを繰り返しながらも「光へ向かって行くんだ」と思うことのできていたグレアムが、ここから決定的にひとつの方向へと傾いてしまう。
 アンジーの「位置」もまた、そのグレアムの「弱さ」のために……

 そして一旦、ここで四人組はバラバラになってしまうのだ。
 再び巡り会うまでには長い日々を個々に過ごさなければならず……

 あとになってアンジーは思い返した。キャプテン・グレアム持ち場を離れ、あとの二人は行方も知れず……
 その始まりが、この「山の上」だったのだ。

 マックスが「それ」をしてしまったあとの白い長い時間と、そのあとアンジーがマックスに優しく語る哀しくせつない時間と……それらを忘れることができない。
 そして、シドニーとアンジーの話す「ムカデ」も!

はみだしっ子シリーズ 全13巻+2冊 三原順/作
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター