スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗闇仕留人最終話「別れにて候」

「暗闇仕留人」については、
 http://oppincle.blog52.fc2.com/blog-entry-312.html
で、最終話を通じて総括的に触れたのみで、各話感想は書いていなかった。
「仕留人」については、やはり最終話の衝撃が大きく、各話感想より何より「暗闇仕留人について」ということで書きたくなってしまったからかもしれない。

とりあえず、最終話だけに絞って、今一度書いてみる。今後、「過去ありて候」など、各話について書くこともあるかもしれないが……


     ☆

「俺たちのやって来たことで、世の中少しでもよくなったか?」

これは、
「正しいことなんねえ、きれいなことなんかこの世の中にはねえと思いながら、心のどこかでそれを信じて十手を握ってきたんだ」と鉄に対して愚痴った主水が「俺たちゃ悪よ、悪で無頼よ」と「悪であることを正義の遂行の手段とする」仕置人の道を見出し、それにのめりこんで、鉄たちと別れた後もその蜜月時代を忘れられずに貢たちをスカウトしてまで仕留人を始めた・・・それに対して一番言ってほしくなかった、考えたくなかった、ことなんじゃないかという気もしました。
「俺たちにやられた奴にだって、家族や好きな奴がいたかもしれん」
そんなこと言いだされたら、主水の拠って立つ場所がなくなってしまう。
「俺たちゃ悪よ、悪で無頼よ」
正義の味方なんかじゃないんだから、世の中がよくなろうがなるまいが、やった奴に家族がいようが好きな奴がいようが関係ない・・・はずなのに。
でも、貢は突きつけてしまう。
主水は、それを認めるわけにはいかないのです。認めたら、自分が「仕置人」として、そしてわざわざ自ら仲間を募って「仕留人」としてやって来たことが虚しくなってしまうかもしれない。
だから、貢の言い分を拒絶する。間違っているのはおまえだ、と。
「カスにはカスなりに生き方がある」
けれどその言い方には、「俺たちにしかできねえ仕事なんだ」と仕置人を始めたときに言った言葉と同じに、「悪だが、カスだが、役に立つことをしているんだ」という自分への正当化があったのではないか? それを支えにして、主水は自分の「正義」を「心のどこかでそれを信じて」きた・・・

その結果……

「俺が殺してしまった!」と石屋が口走りますが、おそらく、それは主水も同じ慟哭を心に叫んでいたに違いなく。
自分がスカウトし、自分が躊躇いを許さず、その結果。

そして、そんな主水に、貢は「・・・すまなかったな」と笑ってしまう・・・

この瞬間、主水は貢の言い分に敗北するしかなくなってしまった。
「もう頃合いだ。糸井がそれを、教えてくれたんだ」・・・と。

たぶん、これは念仏の鉄は「仕置人」解散時にすでに知っていた感情だったんだと思うんですよ。「仕置人」終盤、「無関心もほめられたもんじゃねえな」などと言いだし、最終話で「銭金抜きでいいことをするっていうのもまんざらじゃねえな」などと思ってしまうや否や、しっぺ返しのようにチーム崩壊の危機を迎えたことから、鉄はたぶん「人情のためとか、悪い野郎を裁くとか、そんな安物の絵草紙に出てくるようなこと」で殺しをすることが決して「世の中を少しでもよくする」わけでもないし、悦に入れるようなものではないと分かっていたのだと思うのです。
だからこそ、トリックを使ってまで、主水たちと別れた。「いつまでも続けるようなありがたい商売でもないだろう」、と。

主水は、全然認識していなかった。だから、平気で「また始めたい」と思って仕留人を始めちゃうことが出来た。鉄に比べて、主水は本当に甘甘なんです。そこが個人的には決して嫌いではないのですが・・・

貢の死という結果を突きつけられて、ようやく主水は自分の思い上がりに気付く。明るく楽しい仕置人、仕留人、「おれたちゃ悪よ」を標榜して、けれど「心のどこかでおのれの正義を信じて」いたのが中村主水。「世の中少しでもよくなったか?」だって、別に正義の味方じゃないんだから・・・「奉行所が目こぼしするとなりゃあ、そいつを俺たちがやらなきゃならねえ」「俺たちでなけりゃあできない仕事なんだ」「そろそろ始めなきゃならないと思ってた」そんな使命感めいた言い方をしてきたのは常に中村主水。「心のどこかで信じて、十手を握ってきたんだ……」。

貢の言葉に、貢の死に、主水の拠って立つ基盤は崩壊し、仕留人は解散した。
ここで日本の夜明けが来れば、開国、維新となって、二度と仕置人が結成されることもなかったのでしょうが、
「わしを殺せば、日本の夜明けが遅れるぞ!」
というわけで、日本の夜明けは遅れまくってしまい、黒船もいつしか帰ってしまったようで、そののち何十年も延々と江戸時代は続いていくことになったわけですが・・・

スポンサーサイト

おっぺ師匠

もう書いてくださったんですね!
しかも白抜きまで!><スミマセン!

リンク先も共感しながら読みました。
重要な作品でしたよねー。
確かに地味でしたけど各回で必ず仰天するような主水のエピソード(笑)があって私はどれも楽しめました。

>一番言ってほしくなかった

ほんとそうですよね。
貢誘ったのは自分なんだし(-_-;)
でも貢も主水が自信持ってないの知ってて言った気がして憎たらしいです。
あの川の前に鉄がいてくれたら…って何度も思いました。
鉄は揺るがなくて良かったなぁ~~。

>「俺が殺してしまった!」

おきんと主水と大吉がパニック状態になるシーン、すごく怖かったです。
みんないつも冷静に殺してるだけに。
私も一緒に自分の友達が死ぬのを私も見てるようでした。

>そののち何十年も延々と

ですよね!
そして日米修好通商条約も結ばれなかったんです、きっと。

しかしほんとに重い結末で未だ辛すぎます…v-12

師匠じゃないです(笑)
いや、実のところ「仕事人」第2話で主水が秀に対してずいぶん説教じみたことを言っているのは、貢の末路や、仕置屋稼業の最終話や、仕業人の最終話や、そして新仕置人、商売人・・・を観てきた私には、そりゃあこの秀の言ってることを聞いたら主水としてはこうも言うだろう、という感じだったんです(^^; 何がどうあっても「おー、俺の若いときと同じだ、おまえもがんばれよ」なんて、とても言えない。
このあと実は、いくら説教を垂れても相も変わらず感情で動こうとする秀に対して、主水は「俺たちゃおめえ、いろいろ事情があるから、こんなつれえ稼業をやってるんじゃねえか」と今にも泣きそうな感じで言うときがあるのですよ。秀をぶん殴り蹴倒しながら。決して高いところに立ってふんぞり返って見下ろしながら、説教を垂れてるわけじゃあない。
単なる説教タレ人間に堕してきたのは新仕事人くらいからかな? この辺から急速に主水は輝きを失ってしまった・・・(TT) まあ、歳を取ったということなんでしょうが・・・
今、ちょうどテレビ埼玉で「新仕事人」の再放送が始まったところで、「明るい必殺・・・」と思いながら、それでもやっぱり毎日見てます(笑)。

おっぺさん

>単なる説教タレ人間

あはははは…
そうでしょうねー、年とったんでしょうね。
仕留人の時にすでに年だ年だと言ってたのにあれから何年殺し屋やってたんだか…。
やっぱり慢心してしまうとだめですよ。
秀さんに説教するところはギリギリせつないですけど、それ以降はなんでバラード背負ってるのか意味わからないですもん。

仕事人や新仕置人の元締なんて貫禄あって老け込んでるようには見えなかったですけどね。
年とってもああいう生き方してる人もいるというのに!v-41

主水は、「仕事人」の途中から、いきなり他のみんなが普通に仕置のテーマにのって仕事をしているのに、一人だけ気取ってバラードを背負って仕事をし始めます。だめだ、俺にはしみじみした哀愁があるんだゾなんてアピールするようになっちゃ(笑)。
仕事人第6話で、松平聖二郎を仕置きするときにバラードが流れているのはいいんですよ、これはそういう場面なんだから。でも、何の意味も意義もなく、単に「哀愁漂うシーンなんだ」と主張されても、「違うだろ、違うよね」としか思えません(^^;。
主水は「仕事人」第1シーズンで、鹿蔵や左門と一緒に仕事をしていたときが、最後に華を見せるチャンスだったと思うのですが……
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。