スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕置人第8話「力をかわす露の草」

危機に見舞われる仕置人 ― 相手は狂気の女と大男。
女には権力、男にはバカ力。共にまともに向かって勝てる相手ではない。


 これは加害者側のドラマ展開が少し印象に残る。。。けれど、やはり今ひとつインパクトは弱いかな。
 仕置人たちがやられていく「手強い相手」的な展開ではあるのだけれど、そして加害者を中心にしたドラマ部分は濃厚なのだけれど、仕置人たちの心理面が少し薄い。
 錠が鉄砲で撃たれて傷つき、おきんが逆上、自ら仕置料を出すが、「情に溺れてできる仕事か」と鉄に諭される。このあたりは後の仕事人シリーズで多用されるのだけど、その最初の「掟」的な現れはこの回なのかもしれない。鉄の言い方も、後のカッコつけ、大見得切っての「これが掟だ!」とは違って、「こんなこと考えてるんだよ」という言い方で、その分気取っていなくて印象強い。
 あれ、なんだかこう書いていくと、案外印象強い作品だったかもしれない(笑)

必殺仕置人 VOL.3 ◆20%OFF!
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。