必殺商売人第1話「女房妊娠!主水慌てる」

「江戸プロフェッショナル 必殺商売人」が正式タイトルなのかもしれない。
 「必殺からくり人」に「血風編」「富岳百景殺し旅」などシリーズごとの副題めいたものが付いたことはあったが、あたかも「江戸プロフェッショナル」シリーズででもあるかのような表され方は、この商売人の後にも先にもない。
 あるいは、主水シリーズがついに最終的に「プロフェッショナル」として成立したのだ、という宣言だったのか?

この「必殺商売人」が、実はリアルタイムでまともに観ていた初めての「必殺」になる。
 といっても、たぶん放送の途中から見始めただけで、主水・正八コンビとおせい・新次コンビの邂逅とカルテット結成といったあたりは知ることもなかったはず。なんとなく、これは長期のシリーズ物なんだとは漠然と知っていて、ずっとこのメンバーでやっているんだろう、と思っていた。おせいと新次の間で「昔は……」みたいな会話がされたりするのでなおのこと。
 なもので、最終回での展開には驚いたのだが……それはまた別として。

 これをリアルタイムで観ていたのが、中2くらいかな。そのあと順調に、続く「必殺からくり人 富嶽百景殺し旅」を全話観て、そのあと「翔べ!必殺うらごろし」の途中から、放送局の編成の都合だと思うのだけど、私の住んでいた地方では、いきなり試聴できなくなってしまった。
 で、ずっと必殺日照りが続いて……というのも別項で書いたので省略。
 他の主水シリーズがこの数年間で何とか試聴しやすくなって来た中、この「必殺商売人」は関東地上波ではおよそ二十年間再放送もなく、ここ数年でようやく観る幸せを得られたことになる。

 第1話を観ての感想は、まず、この映像美の演出。「必殺仕置屋稼業」第1話でのそれまではいかないが、「新必殺仕置人」が映像美より役者たちのパワフルさで楽しませてくれたのとはまた違い、おせいという女性を前面に立てたことでか、久しぶりに――という感じの映像美が見られた。
 中学時代は、エンディングのテロップや仕置の立ち位置のためか、主水と対峙するサブ主人公を新次だと思っていた。しかし、やはり「必殺商売人」の対主水主人公はおせいだったろう。そう見直してみれば、また違った見所が出て来る。
 だから――最終回での主水とおせいの別れ際の会話が生きて来るのだが、それも最終回の感想にとっておこう。

 もうひとつ「おや」と思ったのは、ずいぶん正八が主水に対して偉そうだなと(笑)。「どうした?」なんて鉄が言うならともかく、まるで対等のようだ――が、つまりは寅の会が崩壊し、鉄が死に、己代松もおていもいなくなり、残された主水と正八には、それだけの近まりとでも言うものが出来ていたわけなのだろう。
 実のところ、「商売人」での正八にあまり記憶がない。まあ、中学時代もそんなにきちんと見られていたわけではなく、最終回で鮎川いづみ演じる尼さんとの絡みのシーン、そのくらいしか覚えていなかった。損得より情や夢に左右されやすい正八は「江戸プロフェッショナル」の商売人にはあまり馴染めなかったのかもしれない。のちの正十という人物が正八の後身かどうかは不明だが、情や夢より利得を考えようといきがっていたのは、もし彼が正八だったとすれば、「商売人」という時代を経験していたために他ならない……かもしれない。
この第一話では、仕置人らしい新次・おせいを捕まえて手柄にしようかと企む主水に憤って罵倒するシーンより、やっと主水も腰を上げ、いよいよ仕置に立ち上がろうというところを新次・おせいに横から割り込まれての場面。
 「俺達これから殺りに行くんだから!」
 「その銭、返してくれよ、仕置料なんだから!」
と泣くように叫ぶところが印象に残る。

 結局、この仕置はおせいと新次のペアのみで遂行され、主水・正八はいわば「仕事をとってきた」だけの役回りで終わっている。のちの仕事人シリーズではもちろん、それまでのシリーズで考えても珍しいだろう。

 個人的には、キンタと呼ばれる異国人が、その口ずさむ歌それ自体には哀切な感があってよかったのだが、科白回しなどの演技の点で感情移入がしにくく、直接の依頼人となった少女に比重が傾いているにも関わらず描写が薄いといった憾みが感じられた。
 キンタというのは当時はやっていた「ルーツ」というドラマの主人公クンタ・キンテのもじりで、もとの脚本では単に相撲取り志願の日本人の大男だったらしい。
 撮影時点で「ルーツ」人気にあやかってと改変したのかもしれないが、もとの脚本ではこの被害者はしっかり生きる信条を持っていて、
 「俺の取り柄は相撲だ。自分の取り柄で生きて行くのが人間じゃないか」
 みたいな科白もあったらしい。こういう部分があるかどうかで人物への感情移入や物語への没入が生まれてくるだろうから、できれば改変されない最初の形で映像化してほしかった気はする。

(おっぺ)


スポンサーサイト

キンタ…?

なんだかこのあたりからタイトルといい仕事人ぽくなってますね。

商売人というのはまだ前期っぽさって残ってますでしょうか。
面白かったですか?
主水の殺陣が一番評価されてるみたいですが。

商売人は、主水シリーズとしては「仕留人」「仕業人」を凌ぐ地味さだと思います。前期ぽさというか、渋いのです。正八と尼さんの変な漫才シーンはありますが。
「仕置人」なら鉄と錠、「仕留人」なら糸井貢、「仕置屋」には市松、「仕業人」にはやいとやと剣之介、「新仕置人」の鉄と己代松・・・というふうに、これまでのシリーズでは中村主水と対峙する人生観なりを持った主役がいて、主水は脇もしくはなんとかダブル主役と言えていただろうものが、とうとうこの「商売人」では、主水の1人主役に近い感じになっています。で、そうなると主水の魅力がまた光らない・・・要は、主水を光らせるだけの魅力を持った相手役がいないということで。
面白かったかと言われると、微妙な返答になってしまうんですよね。

キンタついに観ました!(笑)

>「俺の取り柄は相撲だ。自分の取り柄で生きて行くのが人間じゃないか」

これ、あるのとないのじゃ大違いですよ~!
いったいなんであんなに熊のぬいぐるみが嫌だったのかサッパリわかりませんでした。
300両払って雇った外国人が熊のぬいぐるみすら着てくれないで暴れてちゃそれや雇い主も怒りますって。
映像が良かっただけにもったいないですねー。

何かこんなふうにしっくりしないストーリーが続くのかな…とちょっと心配です。
それに商売人てラストが悲しいので観るの辛いんです!i-182i-201
これまでの最終回は主水が可愛そうなわけじゃないのでなんとか観れたんですが。。。

「必殺」は、元の脚本を現場で改訂することが割りと多く、その結果傑作となったものもたくさんあるようなのですが、この商売人第1話については改悪としか言えないと思いますね。テーマが消失しているので、なんだかずいぶん中途半端です。
私には、この商売人、初めてリアルタイムでちゃんと見ていた(途中からではありますが)なので、こうしてあらためて見直して「あれー?」となってしまうのは哀しいものがあるのですが……(笑)
髪結いの新次は作中では女性客たちにきゃあきゃあ言われて人気絶頂なのですが、彼の魅力が全然分からないままでした(^^; これまでのどの仕置人も魅力的だったので(剣之介だって何だかんだブウブウ言ってるけど、十分キャラが立っているし)、この新次はハテナマークいっぱいです。

はじめまして、かな?
おっぺさんの必殺関連の記事はよく読ませてもらっています。

この商売人、もう少しコンセプトをつめて
たとえば
江戸の町で殺しとは違う、つまりあこぎな商売を行う裏家業のプロたちを仕置する「商売人」という
プロ対プロの戦いを毎回描くものなら
タイトルに相応しいものとなったのではないかと
思います。

そういえば最終話はVS「同業者」で、素人が生兵法でかかわろうとする話と見れますし。

あと仕事人1話の八王子でのせん・りつの穏やかさや
2話の主水の手紙の「ゆっくり養生して…」のくだりを見ると
中村家にとっての心の傷(死産)はやはりあって、八王子の暮らしというのは彼女たちにとっては重要な意味があったように思います(もとのパワフルさを取り戻すという意味でも)。

のりのりさん、こんにちは。
「仕事屋」で無様に生き残ったのちに……だから、江戸プロフェッショナル、として。という、おせいと半兵衛の話+中村主水、ならどんなに物凄まじかったか(笑)

新仕置人で鉄と別れ、「仕置人」はもうおしまいだと思っている中村主水が、今ひとつの道「仕事屋」と関わって、新たな歩みを始める物語だったら、本当に。

つくづく、存在の意味のむずかしいシリーズだったんじゃないのかと思います。
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター