スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑事コロンボ「パイルD-3の壁」

刑事コロンボシリーズ。コロンボを演じるピーター・フォーク自身が監督した。

 これは、褒める人も多いのだけど、私個人は、コロンボを見ていて初めてがっかりした作品だったと覚えている。
 つまりこれは、どうしても証拠も見つからず、決め手も掴めず、コロンボは手の施しようがないので、犯人に罠をかけるわけだ。それはよい。「殺人処方箋」の時からやっていたことだ。けれど、その罠が、私にとっては見え見えもいいところで、どうもコロンボの小狡い悪あがきにしか見えなかったのだ。犯人がもう少し賢かったら、、、そうとしか感じられなかった。
 筒井康隆がどこだったかに、「今日のコロンボは珍しく駄作」という日記を書いていて、それを読んだとき、あーこれはきっと「パイルD-3の壁」の壁を言っているんだろうな、と瞬時に思ったくらい、それくらいこの作品はがっかりものだったのだ。

 何度も書いてしまうことなのだが、本来倒叙ものは、賢い犯人が完全犯罪のつもりでやった犯行を、その賢い犯人ですらうっかり見逃したミスやら何やらを探偵役が発見したり見抜いたりして露見させる、そこに醍醐味がある、、、そう思っている。探偵役が何も打つ手がなく、やむを得ず罠をかけて犯人の出方を見る、というのは、これはミステリではなくて、ただの刑事ドラマのストーリーでしかないのだ。

 「権力の墓穴」なども同じパターンではあるのだが、こちらはその罠のかけ方が個人的にはサプライズにはまったので、がっかりはしなかった。「ロンドンの傘」みたいなのは、またちょっと悲しい。嘘の証拠は、これはちっぽけな罠になってしまうのだ。
 罠なら罠でいいのだが、そこに何かしら一工夫、あっと思わせるサプライズを投入しておいてほしい、それがたぶん、私の感じていることなんだろう。

刑事コロンボ 完全版 Vol.5 パイルD-3の壁/黒のエチュード
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。