スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑事コロンボ「もう一つの鍵」

過失として処理され、状況証拠しかない殺人事件。しかしあくまでも殺人事件と睨んだコロンボは、確証を得るため巧みな捜査を行う。

 この犯人は、決して知能犯ではない。
 さんざ頭を絞って考え出した殺害計画は、初手から計算違いを連発し、それを拭い隠しながらやっとの思いで達成するものの、あとからあとから出てくるミス、やり残し、エトセトラ、エトセトラ。。。
 これくらいダメダメな犯人だと、当然コロンボなど出てこなくても、勝手に自滅していくはずなのだ。
 でも、なんの助けか、なんとかかんとか無事に進んでしまう、、、けれども、私生活はぼろぼろ崩れていく。
 だから、このエピソードは、コロンボ対名犯人、というドラマではなくて、犯人が主役の、1つの「ただのドラマ」で、コロンボは犯人の人生に現れた或る1人の石ころなのだ。

 「ホリスター将軍のコレクション」にもそのきらいはあったが、こちらはまだ「コロンボ対犯人」の対決ドラマという部分が主体だった。だから逆に、物足りなさをおぼえてしまったのだろう。それに比べれば、この「もう一つの鍵」は、コロンボを脇に追いやることで、ドラマとしてはずっと面白いものになっている。
 それでもまだいろいろ足りないところはあるのだが、それがやがて後期の「別れのワイン」とか「忘れられたスター」になっていくわけなのかもしれない。

刑事コロンボ 完全版 Vol.4 もう一つの鍵/死の方程式
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。