必殺商売人第15話「証人に迫る脅しの証言無用」

タイトル通りに進んで行くプロット……と思いきや、いきなり占拠される正八の小屋。こういうサブプロットが活きてくるのも、もはや新次を差し置いて主役級の(笑)正八ならではだろう。半次や捨三達では今一つインパクトが欠けていたかもしれない。
 実際、主水との絡みなどの点から言えば、単に仕置そのものを遂行していないというだけで、新次よりよほどメインのキャラクターと言えてしまうだろう。

 そんな正八のことを主水は言い捨てる。
「馬鹿な野郎だ。そんなだから、いつまでたっても使いっ走りしかできねえんだ」
 まるで、いい加減にそろそろ一人前の殺しのできる仕置人になってほしいかのようだ。そして、おせい・新次の正八救出に賛同しようとしない。「あいつもさんざん好き勝手生きてきたんだ。もう十分だろう……」

「どうしてもタダ働きはしたくねえ。危ねえ橋は渡りたくねえ。そういうんだな」
 そう言い募る新次に、襖を閉めて、その向こうから一言答える。
「その通りだ」
 この時の主水の胸中は、新次・おせいには判らないだろう。

 主水にとって正八は、新仕置人チームの最後に残ったたった1人の仲間だ。本当ならすぐにでも助けに行きたいはずだ。
 しかし、何度こういう事態で苦渋を舐めたことだろう。1人を助けるために、逆に何人もの仲間を……

 あまり期待もしないで見始めた回だったが、商売人たちの、というより主水の物語のひとつとして、仕置場面の演出も含めて、かなり上位に入る佳作回だった。


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター