はみだしっ子Part6 レッツ・ダンス・オン!

 印象の濃淡ということで言えば、「動物園のオリの中」同様にあまりピンと来るエピソードでない。
 ひとつには、前回が濃密な中編「階段のむこうには…」だったから、というのがあるだろうし、もうひとつは、私個人が「ダンスして発散する」という行動に経験も関心もない、ということがあっただろう。
 グレアムとアンジーがディスコで激しく踊り、その感情の放出の中で、特にグレアムの「殻」が損なわれて行く――これは、のちのちの「トリスタン」でいかにも陽気そうにピアノを弾くグレアムの「前哨戦」なのかもしれないが……

 ひとつ記憶に残る部分を挙げるなら、ダンスで荒れ狂ったあと、それを振り返ってアンジーが言うセリフ……「あれは刹那的だ」と――。
  あそこ…せつな的だ
  離れ小島でひとり遊びしてるみたいだ…
 むしろ、この評価こそが読んでいた私にもしっくりくるものだった。一過性の、本当に一時の感情の狂奔。それは、酒にしろ、他の何かにしろ、決して「解決」ではないし、読んでいた当時の私には「逃避」にしか思うことさえ出来なかった、だから、このエピソードにはあまり……そういうことなのかもしれない。

 そしてグレアムは独りごちている。
  ボクはもうボクなんか信じないよ…

  手を握りあうよりもっと強い助けを…
  さもなくば手を握る相手もいらない
  ――いっそすっきりあきらめがつく――

 グレアムは、ここで初めてのように認識した。自分に対してさえ捨て鉢になっていても、例えばマックスを「ダシにしていれば」、自分を自分で支えられる。。。

 キャプテン・グレアム。。。

 そして、グレアムはその認識をずっと引きずっていくことになるのだ。。。


三原順「はみだしっ子」

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター