必殺商売人第16話「殺して怯えた三人の女」

このサブタイトルはクイーンかクリスティ原作の映画みたいで、なんとなく面白そうだ。
 見始めると、色惚けの悪番頭が出てきて、お店の後家女将とその継娘、女中と、3人も毒牙にかけている。普通ならこの男が仕置の的になるところだが、サブタイトルから予想される通り、3人の女のほうが逆襲に出て番頭を謀殺する。
 ここからはいわば倒叙ミステリのごとく進んで行く、のかと思いきや、名探偵役のいない「必殺商売人」、怪談仕立てのサスペンスとして話が流れる。
 怪談そのものより、計画して人殺しをやりおおせ、口を拭っている女中が、正八の前でいかにも可愛い少女を続けているのが、男の私にはずっと怖い(笑)。
 おせいと旧知の女将も、知らずに見ていれば、いつもの「被害者側」そのままだ。うっかり途中から観ていたら、誰が加害者で誰が被害者か、分からないかもしれない。
 いや、最初から観ていてさえ、この話の筋立てが透視できない。「うらごろし」ではないので(笑)、この怪談を仕掛けている「犯人」がいるはずなのに、そして登場人物は限られているのに、なかなかその裏の真相が読めない。

以下、ネタバレのため、追記にて。



 ミステリとしての出来が良いというより、アンフェアな映像描写があったせいかなと思った。女中が自分がかんざしを落としたことに気づくシーンでカットバックが入った、あれはいわば犯人の内面が「嘘」描写されたわけだから、アンフェアなのではないか。
 しかし、それ以前の、女3人が番頭に騙された場面、ここは逆に、女中のシーンだけが、女中の口から語られただけで終わっているのは、フェアな描写ということになる。
 見直してみると殺害シーンも、殴っているのも川に頭を押し入れているのも、ちゃんと女中である。
 あのかんざしのカットがなければなあ……と思ったが、やはり見直してみると、こちらは女中が「思い出したこと」の映像だと思ったのだが、女中が他の2人に語ったことの映像、つまり、最初の番頭との映像と同様の叙述トリックだったようにも見える。スレスレの叙述トリック――。
 いやあ。必殺でこういう楽しみ方ができるとは思わなかったな。面白かった(^^)。


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター