スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートレック「光るめだま」

スタートレック宇宙大作戦第1話。
ノベライズ小説のハヤカワ文庫「宇宙大作戦」シリーズでは、「未踏の果て」(「パイリスの魔術師」に収録)。


 小学生の頃だったと思うのだけど、土曜か日曜の昼に初めて放映されたんじゃなかったか?
 その時のオープニングは現行のものとは違っていて、「私がカーク船長です。。。彼が副長のミスター・スポック。彼が。。。」みたいに、カーク船長はじめレギュラークルーのカットが「スパイ大作戦」のメンバー選別シーンよろしく変わりながら、矢島正明の声で紹介されていく、そんなふうだったと覚えている。あのオープニングはもう観る機会はないのかな?

 この第1話は、 "The Cage" 「歪んだ楽園」に続く第2のパイロット版だったらしく、第2話以降の映像とはいくつかの点で異なっているのだけど、それはともかく、乗組員が超能力に目覚めて性格も一変していく、、、というストーリーはいかにもSFサスペンスしていて、とても魅力的なものだった。そこへギミックとして「光る目玉」が超能力者の証として出てくる。目玉の光が無くなったときは、元の人格に戻れている、、、そういった部分もスリリングで、本当によくできたパイロットだし第1話だったと思う。

 この「光る眼」「超能力」といった部分はもちろん、先行するSFのアイデアはあるわけだけれども、もうこの辺りはタイムマシンと同じで共通設定みたいなものかしらん? ただ、小学生の自分にとっては、これが初見だったかも。

 まだ「スタートレック」なんてタイトルじゃなくて、「宇宙大作戦」。たぶん毎週のように見ていたと思うけれど、あとあとまで覚えていたのは、この光る目玉の話と、高速人間の話、OK牧場の話、の三本くらいだったと思う。つまりは、SF的アイデアに「あっ」と思ったものが記憶に残っていたんだろう。
 そしてもちろん、キャラクターとしては、ミスター・スポックは印象的だったみたい。

 今、あらためてシリーズを通して観ると、さすがに古めかしいし、素直に面白いばかりとは言えないけれど、それでもやっぱり値打ちはあるシリーズだったんだなあ、とは思う。

【大決算セール】宇宙大作戦 GALAXY BOX DVD大全集(完全予約限定生産)【PDS-1094】=>40%OFF...
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。