必殺仕掛人第12話「秋風二人旅」

必殺シリーズ第1作「必殺仕掛人」第12話。
京に乗り込んだ仕掛人に待っていたものは、瓜ふたつの兄と弟。その上この兄弟を20年前の仇と狙う男が現われた。はたして、この仕掛けは?
脚本:安倍徹郎  監督:三隅研次
【キャスト】
藤枝梅安/緒方拳 西村左内/林与一 彦造/小林昭二 井坂惣市/天知茂


 さて、原作梅安と、テレビ「必殺仕掛人」とでは、かなりの差違がある。
 肝心の主人公、藤枝梅安のキャラクターからして、原作とテレビ版(緒形拳である)とでは、相当違う。相棒も、テレビ版では林与一演じる西村左内という元は辻斬りであるし。

 が、それでも一応なりと「原作」なので、テレビ化された中に、原作とタイトルからストーリー展開から同じようなものがある。「秋風二人旅」など特にそうだ。

 これ、実は原作を読むまで「あきかぜふたりたび」と読んでしまっていたのだが、「しゅうふうににんたび」らしい。

 それはともかく、いまさっき書いたことを打ち消してしまうようだが、この作品、原作小説とテレビ版とでは、ラストの部分で大きな改変が存在するのだ。

 ネタバレにはなるが、この改変の部分が、テレビ版「必殺」の大きな特徴ではなかったかと思われるので、ちょっと書いてみよう。

 この「秋風二人旅」のストーリーは、主人公の仕掛人梅安が、仲間の同じく仕掛人彦次郎と旅をしていたところ、この彦次郎の妻や娘を殺害した外道と遭遇し、復讐の機会をうかがうというもの。(テレビでは、彦次郎というのは前述の西村左内の子供の名前になっていたので、彦造に変えられていた)
 だが、実はその外道と目した侍は無実であり、この侍の弟こそがエリートの兄と顔だけそっくりで性格は邪悪、まさしく彦次郎の仇に他ならなかったのだ。兄の侍は弟のために苦しめられ、ついに弟を殺すことを仕掛人に依頼する。そして、梅安と彦次郎は、弟を倒す。
 原作もテレビもここまではほとんど同じである。

 原作では、エピローグとして、2年後、梅安がこの兄の方と出会うと、兄は無法の弟がいなくなって幸せになれていた、というような話で終わっていた。

 テレビ版では。。。彦次郎(テレビだから彦造だけど)の復讐も果たし、外道な弟に苦しめられていたエリートの兄もこれで救われた、、、のだが、この侍の清々しい笑顔を背景に、最後、梅安は彦造を相手に、何か割り切れなそうに言うのだ。
 「彦さん。。。あたしゃ、あのお侍が一番悪いヤツだったような気がするよ」

 この辺、実際の映像作品を見ていただかないと、この梅安の述懐もピンと来ないかもしれないのだけれど、こういう「疑問符」がテレビ版必殺の1つの特徴だった、と私なぞは思ったりもするのだ。

 もっとも、人口に膾炙してきた「必殺仕事人」の3作目辺りからは、そういう「疑問符」があまり見受けられなくなって、『時代劇は必殺です』のキャッチフレーズ通り、「お茶の間で、家族で安心して見られる時代劇」と変わらなくなっていったような気もするが。。。

必殺仕掛人 VOL.4

 必殺仕掛人 中巻(初回限定生産)
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター