スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日向まさみち「本格推理委員会」

 名前とカバー絵とあとがきと……不安要素はいっぱいあった(笑)。読み始めてしばらくして、木下椎の喋り方のせいか、脳裏には少し「あずまんが大王」の画が浮かんだりしていた。
 ……「ライトノベル」だなあ。
 先に米澤穂信の「氷菓」や「愚者のエンドロール」を読んでいたので、まあ、あれまでいかなくてもせめて書名やあとがきに恥じないなにがしかがないかなあと思って読み続けるのだが、あまり「本格推理」っぽさは出てきてくれない。ただ思うのは、どんどん、だんだん、「暗く」なる主人公について、なんだか冒頭とギャップが出てきすぎじゃないのかな、これは少し計算違いじゃないか、個人的には嫌いでないけれども、、、というようなこと。

 それにしても、とさらに思う。
 もしこれが「本格推理委員会」シリーズになったりしたら、今回のような『探偵役と物語そのものが密接に関係している』形にはならないだろうから、面白さは減じるんじゃないのかな。まあ、そもそも『探偵役と事件そのものが密接に関係している』形ではないわけだけれども。高木彬光の神津恭介ものでも「呪縛の家」や「人形はなぜ殺される」「妖婦の宿」といった本格ミステリ色ぷんぷんのもの以外で記憶に残るのは、例えば膨大な短編の中でも、「わが一高時代の犯罪」や「輓歌」のような、名探偵神津恭介自身と事件そのものとに密接に関係したものだったりする。「鼠の贄」のような印象的なものもあるにはあるけれど、記憶への残り方はまた別物なのだ。

 森博嗣の「S&M」シリーズを読んでいても、「有限と微小のパン」を読んでいて、ああ、これは「西之園萌絵自身の事件」だ……という感じで印象的だったりした。

 同一探偵役のシリーズで、最初の作品が『物語や事件そのものと密接に関係している』タイプで、けれどそれ以降は本当にただの探偵役でしかない……ものというのがいくつかあるけれども、やはり第1作以上のインパクトは得られないことが殆どじゃないだろうか。やはり高木彬光の検事霧島三郎のシリーズがいい例だろう。第1作の「検事霧島三郎」はタイトルからして主人公本人が物語・事件と密接に関係していることを示している。しかし、2作目以降は霧島三郎はあくまで「探偵役」として物語に関与するのみなのだ。。。出来不出来はともかく、主人公である探偵役の存在意義や記憶への残り方は全く異なってきてしまう。

 余談になるが、全く逆の行き方をしたのが例えば島田荘司の吉敷竹史シリーズだろう。最初はただの名探偵役として凛々しく登場した吉敷は、次第に「物語そのものと密接に関係する」形で「事件を解く」ようになっていく。事件そのものは吉敷個人となんの関わりもなくても、吉敷の事件との関わり方が物語のテーマそのものとリンクし、事件の解明が吉敷の人生観や生き方を変えることもあるのだ。これは、例えば同じ名探偵としての刑事達でも、鮎川哲也の鬼貫警部や西村京太郎の十津川警部にはあり得ないことだ。だから、鬼貫ものや十津川ものは「どれから読んでもいい」が、吉敷のシリーズはできれば刊行順に読んでいった方が、吉敷の変わり方もそうだし、物語自体のテーマの判り方もあるので、望ましいかもしれないくらいなのだ。

 さて、この「本格推理委員会」そのものに戻るが、最後の最後まで、読んでいて、「どんどん暗くなるな」「主人公の葛藤がこの物語の1つの主軸だろうから、事件そのものとは関係していなくても、シリーズとして作ったら以降は弱いだろうな」と思うくらいだけで、進んでいた。

 けれど、「謎解き」の最後の場面で、「えっ!?」「あっ!」と思わされてしまった。

 これは、確かにしてやられた。作者があとがきで「驚き」と書いていた、それについては上手くやられたと思う。どこまで、作者自身の言う「本格」だったかどうかというと弱いところも多々あるだろう。けれど、叙述トリックの部分はうまく機能していたと思う。「ライトノベル」の恰好があったからかもしれないが、少なくとも私は最後まで気がつかなかったので、最初からぱらぱらぱらぱら読み返してしまった。「1行での驚き」という部分について、たぶん作者は綾辻行人「十角館の殺人」等のスタイルを心がけたのだろう。そしてそれは、かなり上手くいっていたと思う。

 出来全体としては、同じ「ライノベ」の範疇にされるのだろう米澤穂信のシリーズなどとはまだ比べられないかもしれない。けれど、「最後の一撃」的な「驚き」については、単にそこだけ取り出してのことだけれども、上回ることは出来ていただろう。だから、あとはどれだけさらに磨けるか、というところだけだ。

 そして、、、、だから、私は上手く騙されていたわけなのだ。この探偵役が、この「物語」自体と密接に関わっているのは、、、と思いながら、もう一方のことについては「違う」と考えてしまっていたのは。

 この「本格推理委員会」は、探偵役「自身の事件」だった。あの「1行での驚き」の瞬間に、それが露見した。

 そして――エンディングでの「集結」を見れば、このストーリーのタイトルは、「検事霧島三郎」と同じタイトルだったのだな、と感じたりする。ただ違うのは、、、霧島三郎は「1人」だが、本格推理委員会には、これだけの「手駒」が揃ったのだ、ということ。

 ならば。。。ただの「名探偵役」という形での関わり方ではない、「自身の事件」としての「本格推理委員会」シリーズというものも、また、あり得るのかもしれない――
 米澤穂信の古典部のシリーズとはまた違った意味で、そういう在り方が考えられるものだったのかもしれない。読み終わった今では、そう思ったりしているのだった。

【楽天ブックス】本格推理委員会
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。