スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アルジャーノンに花束を」日本TVドラマ版

ダニエル・キイスの世界的ベストセラーが、設定を日本に置き換えてドラマ化された話題作。先天性の知的障害を持つハル(ユースケ・サンタマリア)は、幼いころに預けられたパン屋で働きながら、夜間学校に通っている。そんなハルに知能回復手術を受ける機会がめぐってきたことで、彼を取り巻く周囲のすべてが激変することになるのだった…。

 原作は、「テキスト」であるということを十全に活かして、しかも翻訳は「漢字」というものを驚くほど使いきって、主人公の知能の変貌を視覚的にはっきり示している。
 それがまた、「文字」「文章」というものと主人公との濃い繋がりをも示し、だからこそ最後の「せめて読み書きだけは……!」という部分が哀切に感じられるのだ。
 映像化作品を観るのはこれが初めてで、「まごころを君に」の名で映画化されたものは観たことがなかった。とんでもないものになってしまっていたらイヤだなあ、、、と思いながら見ていったのだけれど、主演のユースケ・サンタマリアや、菅野美穂の熱演で、素直に見入ることのできる作品に仕上がっていたと思う。
 やはりテキストでない分、文字や文章での「変貌」はあまり強調されず、最終「退化」(TT)も、動作……歩き方そのものの表現で見せられた。これはこれでせつないものだったと思う。
 もともと原作のほうでも、私は最後の一言では泣けはしなかったので、そこのところの処理に特に思い入れはない。ただ、テキストと映像の違いはある、とそれだけやっぱり思うだけだ。
 こういう、いいドラマができるんだから、まだ期待してていいんだよね、と思ったりする。。。

アルジャーノンに花束を DVD-BOX ◆20%OFF!<DVD> [PCBE-50472]
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。