スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アガサ・クリスティ「春にして君を離れ」

優しい夫、よき子供に恵まれ、女は理想の家庭を築き上げたことに満ち足りていた。が、娘の病気見舞いを終えてバグダッドからイギリスへ帰る途中で出会った友人との会話から、それまでの親子関係、夫婦の愛情に疑問を抱きはじめる……女の愛の迷いを冷たく見据え、繊細かつ流麗に描いロマンチック・サスペンス。

クリスティーの非ミステリ作品。
 とはいえ。。。クリスティらしい手法が使われているのは、「愛の重さ」と同じ。。。そして。。。
 この作品が「文学的」にどう評価されるレベルにあるのかは私にはわからないけれど。。。
 私にはとてもつらいし、そして今読めてこその作品だったとも思う。。。
 ページが先に進めば進むほど、つらさと苦しさは増していく。
 この作品の構成は巧みすぎる。。。私にとってはあまりにも急所を突かれすぎている。。。
 少しずつ追いつめられていくジョーン。蜥蜴が穴から顔を出し。。。
 真相を知っている──だから恐ろしいのだ。
 思い当たることばかり。
 嘲るように、歯をむきだして。
 そして。
 何よりも恐ろしいのは、そしてつらいのは。。。
 最後の選択。女か虎か。
 どっちの模様を取ろう? 決めなければいけない、決めなければ。
 「それから彼女はいった。」で終わらせて読者に選択を迫ってもよかったのかもしれないけれど。。。
 クリスティはジョーンを最後まで追いつめるしかなかったのか。。。?
 誰もみんな可哀想なのだ。。。
 ああ、それにしても。。。こんなところで。。。万華鏡という言葉に出会うなんて。。。

春にして君を離れ ( 著者: アガサ・クリスティ / 中村妙子 | 出版社: 早川書房 )
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。