連載丸美その6

「崖の館」は、先にも書いたように、スタイルとしては非常にスタンダードな“本格ミステリ”の体裁を整えている。“余分な登場人物”のいない密室的舞台の中での事件、残された謎、発見される日記、連続する事件、トリック、犯人と、「雪の断章」での殺人事件が取って付けた感のあったのと比べて、これでもかとばかりにガジェットが放り込まれている。
 だがしかし、登場人物たちの人間像、会話の魅力、語られるエピソードの印象など、これらは「雪の断章」から変わるところはない。開き直ってただの推理小説に徹しました――というところは全くないのだ。
 強いて難癖を付けるなら、「雪の断章」同様、あまりに登場人物の人間像が圧倒的なので、「この人が犯人」と言われても、「とてもそんな気がしないよ?」となってしまう部分だろう。「犯人」と指摘されてから吐露される動機や信念は、それはそれでいいのだが、やはり納得いかないというところが残ってしまうのだ。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター