スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平井和正「狼の怨歌」

苦悶でねじまがった顔が恐ろしい変貌をはじめた。口がねじれながら裂け、ふとい犬歯がみるまに伸びる。金色の獣毛が微速度撮影さながらに密生してきて、全身を覆っていく、―獣人現象だ。致死量の5倍にも相当する青酸カリが少年の腕に注射されたのだ。羽黒獰との闘いに斃れたはずの犬神明が生きていた。そして、ウルフガイの不死の秘密を手にしようとする不死鳥作戦が不気味な影をあらわしはじめる…。ドランケの魔手に落ちた青鹿晶子を救うため、犬神明、神明、虎4が凄絶な闘いを繰り広げるシリーズ第2作。

復刻版で出版されていた坂口尚作画の「ウルフガイ」ではカットされてしまっていたが、この最初のコミカライズでちゃんと「狼の怨歌」まではマンガ化されていた。この坂口尚版で何が不評かといえば、これはもう神明の造形だろう。虎4(フースー)についても、そもそも青鹿晶子についても、モンキー・パンチみたいな絵柄で描かれた女性陣には今となっては絶句ものなのだが、なんといっても神明が困る。

「狼の紋章」版ではまだ脇役脇役していたから許すとして、「狼の怨歌」では、少年犬神明が意識不明なものだから、西城恵や虎4相手にすったもんだ繰り広げるのは神明なのだ。主役でないが故に、グレンダイザー時の甲児くんよろしく三枚目で終わってしまうのだから、せめて造形くらい何とかしてくれないかと願いたくもなろうものである。
(だからこそ、今回の連載版で「悪漢ウルフ!」と登場したときの格好良さは感涙ものなのだが)

そう、この神明という犬神明と紛らわしい名前の持ち主は、ブルSSSを駆り、フリーのルポライターで、狼男なのだ。まぎれもない、「狼男だよ」のアダルト犬神明のパラレル存在なのである。
石崎郷子の存在は定かではないが、どうやら少年犬神明の存在が彼を「人狼地獄編」たる戦線を回避させることになったらしい。その代わりに、不死鳥作戦という後に神話人種と絡んでいく別の戦線に引き込んでいくわけなのだが。

しかし、この「狼の怨歌」では神明の活躍よりも、殺し屋西城恵と中国情報部虎部隊の虎4の登場が重要になる。彼らの存在は、神明より、林石隆より、ここでは大事なのだ。

西城恵の血みどろのラストシーンが、ここではとても哀しく、美しい。そしてそれがそのまま、「狼のレクイエム」の西城主役パートと繋がっていくのだ。
平井和正の主人公達は、誰もがぎりぎりいっぱい生きている。
スポンサーサイト

きょう、ポポがや

きょう、ポポがやすべぇと少年犬神明は苦悶しなかったー。
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。