平井和正「若き狼の肖像」

学生ルポライターとして活動するおれはある日、三星財閥令嬢・石崎郷子に近づくなという脅迫を受ける。その直後、石崎家の執事から、失踪した郷子の行方を追ってほしいという依頼が舞い込む。一連の事態を受けて捜索に乗り出したおれは、やがて二つの大きな犯罪組織を敵に回すことになってしまう……。若き日の狼男・犬神明と蛇姫・石崎郷子との出会いを通じて描かれる、アダルト・ウルフガイシリーズ。

「人狼白書」「人狼天使」以降に書かれているにもかかわらず、まったく「天使」に触れることもない。一部、後年のアダルト犬神明の意識でふりかえっていることを覗かせながらも、ほぼ全面的に、21歳の学生トップ屋、ヤング犬神明として1冊を通している。

「狼男だよ」以前、アダルト以前として、本当に若く、カッコつけた、元気な犬神明の姿が見られるのだ。そしてここで、〈蛇姫〉石崎郷子との出会いが描かれている。

貴重な……本当に貴重な、若き狼の肖像なのだ。タイトル通りであり、過不足は何もない。

アダルト・ウルフガイ・シリーズがいったいどのような物語であり、犬神明がいったいどんな人物であるのか、ここから窺い知ることができる。さすがにのちの三十代のアダルト犬神明に比べれば、未熟な部分はあるかもしれない。けれど、むしろアダルト・ウルフガイ・シリーズ第1作目「狼男だよ」1冊よりも、彼の魅力を知ることができるのではないか。「狼男だよ」は別の意味であまりにも面白く、魅力的ではあるが、作者自身がまだ彼の魅力の最大の部分を知らないままに書いていたような気もするのだ。

読み終わって記憶に残っているのは、そして、石崎郷子すらも後衛にしてしまうような、“タヌちゃん”呼ばわりされた、綿貫のことなのだ。

ふたりで水遊びをした思い出のために……所詮、言い訳でしかないだろう。後悔でしかなく、おそらく真の反省でもなんでもない。もし生きのびることができていたなら、綿貫はまたどうせヤクザの世界でヤクザそのものになって腐っていくのだろう。
けれど、犬神明は最後にやはりチャンスを投げ出すのだ。

マキコのことを思うなら、けしてこのラストシーンは感動などしている場合ではない。けれど、第三者として薄情になってしまうままに、犬神明は決して見捨てきることはなかった……そのことだけは胸の奥深いところに居座ってしまうのだ。

だから……


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター