新必殺仕事人第13話「主水体を大切にする」

第13話「主水体を大切にする」は1つのターニングポイントだ。
なんとなれば……前回第12話で、第1話からの上司内山が八王子にとうとう左遷され、この第13話から新しい上司がやってくる。それ自体は昔からしょっちゅうのことだ。

実に、この「新仕事人」第13話でやって来た新任の上司こそが、後年有名になり延々レギュラーであり続けたあの男……「田中様」なのだ。

田中様……仕事人シリーズでとうとう秀や勇次の降板後も居座り続け、「剣劇人」にすら登場し、果ては巷説百物語の映画にすら登場して「中村さんはどこへ行ったの」とか叫んでいた、あの男である。

主水をいびり続ける能無しのナヨナヨしたオカマっぽい男。それが「田中様」のイメージだろう。

しかし、それこそバラエティ化した仕事人シリーズの産みだした恐ろしいトリックであり、実は登場当初の彼は能無しでもナヨナヨでもオカマでもなかった。キャリア組であり、しばらく研修がてら同心部屋にいて、後はとんとんと出世していくはずの若い、或る程度は有能な男だったのだ。
確かに主水を軽侮し、いびりがちなのはそれまでの上司と変わらないが、喋る口調はオカマでもなんでもなかった。いかにも若いキャリアだね、という感じだったのだ。

聞くところによると、仕事人のイベントか何かがあり、仕事人メンバーと一緒に筆頭同心田中も出演し、その際、ゲイとしてオカマっぽく喋ったりしたところ、それがウケた。
でもって、なんだかだんだんドラマ本編でもオカマ口調になっていき、ナヨナヨした物腰になっていき……とうとう、オカマ同心「田中様」になってしまったものらしい。

うーむ。
バラエティ化した仕事人シリーズの中で、オカマ同心というパートを担当できたゆえに、田中様は延長ボタンを押され続けた。バラエティ作品としての仕事人シリーズは、田中様によってもウケていたのだ。

そして、田中様の存在によって、奉行所内の中村主水もまたギャグ同心になるしかなかったのだ。

この「新仕事人」での田中様は、まだ普通の上司・筆頭同心の田中の時代だ。
のちの田中様を見慣れた目で見ると、この田中は新鮮である。
ここから出てきたんだなあ、この男は……と、しみじみ感慨を持って鑑賞するのがよいのである。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター