スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ある日どこかで」

監督: ジュノー・シュウォーク
製作: スティーヴン・ドイッチ
脚本: リチャード・マシスン
原作: リチャード・マシスン
出演: クリストファー・リーヴ ジェーン・シーモア テレサ・ライト スーザン・フレンチ クリストファー・プラマー

母校で初演を迎えていた新進の劇作家リチャードのもとへ現れた老婦人は、金時計を手渡すと“帰ってきて”という言葉を残し去っていく。数年後、再び母校を訪れたリチャードはその町のホテルで一枚の肖像画に心を奪われる。そこに描かれた美女エリーズは、かつての老婦人の若き日の姿だった。日増しに膨れ上がる“彼女”への想いに苦しむリチャードは、ついに時間の壁を越えエリーズと出会う……。「激突!」や「ヘルハウス」などのSF怪奇作家R・マシスンが自身の原作を脚色、「JAWS/ジョーズ2」のJ・シュウォークが監督。



実は、「時をかける少女」とかにも似た、悲しいけど感動できる時間物だろう、、、と思って見始めた。
そして、期待にそぐわず進んでいくストーリー。主観によるタイムトラベルという日本風SFのようなギミックや、ギャグなのマジなのという処々の人物描写、でっかいボールのアーサー元おじいちゃん(笑)、伏線になりそうでならない懐中時計、信じられないスタイルで破れる時間旅行など、、、、そしてどう来るかと思わせておいて。。。。

ところが、このラストとはーーーー。

これはもう、ひたすら悲劇で、そしてホラーですらある悲しすぎる話では(^^;) あの彼女が冒頭で懐中時計を持ってきたアレが、全く伏線として機能していないし。。。(^^;)
すごく放り出されたような気分で、やりきれない。

。。。原作を読もう(笑)。はっ、これはもしや原作者の罠では?(笑)

そうそう、観ている間中、ウルトラマンティガ「時空をこえた微笑」を思い出してしまってならなかった。
で、見終わった今、ティガのほうがいいぞとか思う(笑)。

 
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。