米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」

ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至芸でもある。本書は、更にその上をいく、「ラスト一行の衝撃」に徹底的にこだわった連作集。古今東西、短編集は数あれど、収録作すべてがラスト一行で落ちるミステリは本書だけ。

身内に不幸がありまして/北の館の罪人/山荘秘聞/玉野五十鈴の誉れ/儚い羊たちの晩餐


いや、つまんない作品集では決してなかった。特に「玉野五十鈴の誉れ」は懐かしい幾つかの作品や登場人物を想わせる魅力的なものだった。

だが、「誇大広告」はいかがなものか。「誇大広告」というのは、上に太字で記載した惹句のことで、これらの作品を「ラスト1行の衝撃」型作品というのは、それはちょっとというか凄くというか、とにかく全然違うだろう(TT)

「玉野五十鈴の誉れ」の最後の1行は、はっと気づくと本当に怖いものだ。しかし、「最後の一撃」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技・更にその上をいく、「ラスト一行の衝撃」というのとは違う。

最後の1行で世界が変転する、そんな作品を期待しきって読んでしまったので、すごくフラストレーションを感じながら各編を読み進んでしまった。層でなければ、充分楽しめたものを……それがとても残念。


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター