米澤穂信「犬はどこだ」

何か自営業を始めようと決めたとき、最初に思い浮かべたのはお好み焼き屋だった。しかしお好み焼き屋は支障があって叶わなかった。そこで調査事務所を開いた。この事務所“紺屋S&R”が想定している業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。それなのに、開業した途端舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、このふたつはなぜか微妙にクロスして―いったいこの事件の全体像は?犬捜し専門(希望)、二十五歳の私立探偵・紺屋、最初の事件。『さよなら妖精』で賞賛を浴びた著者が新境地に挑んだ青春私立探偵小説。

中盤以降、やけに主人公の思い通りにピースがはまり込んでいくなあ、ちと安易な感じかな、などと感じはしていた。しかし、なるほどね。シンプルな逆転だが、ハードボイルド・スタイルにはふさわしいかな。
 そして、ダークな締めくくり。構成面からの必要で出てきたものかもしれないけれど、この主人公2人のキャラクターはこれきりではまだ足りない。次にハンペー主軸でひとつは作っておいて欲しい。


スポンサーサイト

おはようございます。

おはようございます。

自営業してます。
仕事の合間に
ちょこっとだけ、見させてもらいましたぁ~
また、今度ゆっくり拝見させていただきます!
自分にムチ打って営業に行ってこなくては・・・
失礼します。
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター