島田荘司「犬坊里美の冒険」

雪舟祭のさなか、衆人環視の総社神道宮の境内に、忽然と現れて消えた一体の腐乱死体! 残された髪の毛から死体の身元が特定され、容疑者として、ひとりのホームレスが逮捕・起訴された――。しかし、死体は、どこに消えたのか? そして、被告人の頑なな態度は、なぜなのか? 司法修習生として、倉敷の弁護士事務所で研修を始めた犬坊里美は、志願して、その事件を担当した! 里美の恋と涙を描く青春小説として、津山、倉敷、総社を舞台にした旅情ミステリーとして、そして仰天のトリックが炸裂する島田「本格」の神髄として、おもしろさ満載の司法ミステリー、ここに登場。

 里美が主役だし、タイトルもこれだから、とりあえず過大な期待(御手洗物の新作を読むときのような)はしないで読み始めた。
 里美というキャラクターには毀誉褒貶あるようだが、これまでの作品の中で正直言ってあまり印象強く読んで来ていなかった。つまり、特に好きでもないし、嫌いでもない。
 しかし、この作品の里美を読んで、かなり印象は上昇した……文字通り、上向きに。

 正義感とか、そういう面だけのことより、殺されそうになって「もうしませんから許して」「なんでもするから殺さないで」と泣きながら懇願してしまう、当たり前さが――そして、それなのに「見逃せ」と言われて「できない」と返してしまう……このかたくなさ。
 自分を無力だと思い、諦め、嘆き……けれど、抵抗せずにはいられない。
 死にたくない、なんでもするから殺さないで、もうしませんから許して下さい、と自分の突き止めた犯人にひいひい泣きながら懇願する主人公がどこにいただろう。しかも、それでもなお、やはり……
 島田荘司ならでは、のものではないのかと思う。

 ミステリの形としては、読んでいて不思議と高木彬光を思い出したが、直接連想を誘うものはなかったはずだ。
 「食べた」には呆然だが、なるほど伏線だけは張ってあった。バカミスには違いないし、必然性が胸落ちしないが、まあいいや(笑)。
 里美はどうやら本当に石岡のことを異性として好きらしい。今後どうなるかは、全くわからないのだが。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター