必殺仕事人2009第2話「厚顔無恥」

江戸の河原に辻斬りが現われ、街は騒然となる。南町奉行所では、江戸随一と言われる剣術師範の笠原監物(目黒祐樹)と息子・太平(浜田学)を招いて、指南を受けることになった。
一方、源太(大倉忠義)は、往来で若侍たちに絡まれたところを、佐藤数馬(忍成修吾)という若者に助けられる。彼は笠原の道場で剣の腕を磨く剣士であった。数馬の気持ちの良い人柄と、貧しさに負けずに息子を支える母・みち(賀来千香子)の優しさに触れ、心の和む源太。
そんな矢先、数馬が剣の腕を認められて、太平の付け人になることが決まった。息子の夢を叶えるため、汗と埃にまみれて働くみちの力になろうと、源太は花御殿のお菊(和久井映見)に相談して、経師屋の涼次(松岡昌宏)の手伝い仕事を紹介した。
ところが、太平の付け人となった数馬が知らされたのは、太平とその付け人・加治田文蔵(尾上松也)と松村金八(仲野毅)が辻斬りの正体だという事実だった。


とりあえず、あの第1話と比べると、ちゃんと首尾結構は整い、前回書いていた幾つもの部分は改善された……ようではあるのだが、考えてみるまでもなく、漫然と見ているだけで分かってしまうことは、これはもうほんとに「仕事人フォーマット」に忠実に作ってあるんだな、ということなのだ。

だから、第1話のような大失敗たる破綻も来していない代わりに、なんの冒険もサプライズもなかった。……してみるとあれか?第1話はアレはアレで大失敗だったけれど大冒険ではあったのか?(だからといってやっぱり褒め称えることはできないのだけれども)

第2話にして「頼み人はオレだ」が出てきてしまい、さらに端金の仕事が出てきてしまった。そして、仕事の道具を整備したり仕事に赴く彼らの映像と共にあまりにもお馴染みの出陣のテーマが流れてしまい……

なかったのは「しっかりしろい」「このお金で仕事人に……」のシーンだけで、あとはもう「仕事人IV」「V」辺りの脚本をそのまま流用したのだとしてもおかしくないというか、別に涼次たちでなくて秀や勇次でも政や竜でも、登場する仕事人のメンツが誰でも全く何の変化もないドラマだっただろうと思われる、そんな話だったのだ……

なんのためにわざわざ「新生」させたのだろう。これなら、そうだ、これなら再放送でいい。なんの新しいものもないのなら、新生でなくていい。新生でないんだから、名前だけの新生でなんかなくていい。

そして、主水の存在はいったいなんなのだろう。中村主水が居る必要は何一つ無かった。
もちろん、主水が存在しなければ、渡辺小五郎とこう・ふくの家族はたちまち「あれは中村主水とせん・りつのパクリだ」と叩きまくられることだろう。中村主水の存在そのものが、その非難を最初から打ち消してくれている。そういう効能はあるだろう。だが、2つの家族の対照という観点の面白さ自体がない(なにしろ、せん・りつが出ない)以上、今の主水には存在の意味がない。

この第2話で唯一よかったのは、目黒祐樹演じる道場主だ。単純な悪役ではなく、不良息子を諫め懲らす役割を果たしながら、けれどその息子のためには平気で悪を為す。被害者と加害者が同じ基準―息子のため―ということで立場を逆とする。言い訳というよりも信念のように言葉を吐き、端的に「死ね」と言い捨てる。ここの演技はさすが松平聖二郎だった。

渡辺小五郎にセコ斬りされて「卑怯な……!」と咎めるところも役柄から生きたセリフだったと思う。ここで小五郎の返す言葉は、しかし、ありふれたものでしかなく、残念だった。ここだけは第1話の方がよかった点だ。

せん・りつに加えて、今回は谷村美月の如月が不登場。せん・りつはともかく、まだキャラクターも役割も何もかも確立していない如月は、きっちり登板させた方がよかったのではないか。
スポンサーサイト

だって、「仕置屋」が新シリーズとして始まった時だって、何かと非難囂々だったそうですからね。「こんな、時代に迎合したものを作って……」と。
「仕置屋」は大衆路線に堕した情けない作品だそうです。市松なんぞというキレイドコロを出し、印玄の殺し方はドリフターズのごとく、中村主水はただのスケベ親父。仕掛人や仕事屋のようなハードな芸術性は見る影もないと。必殺はもうおしまいだ。あのスタッフはこれからはただ惰性で作りつづけることになるだろう……
なるほどね、そうなのもかしれない。
私だって、仕事人ナンバーシリーズが続いて、「激闘編」に期待しながら失望して、録っては消し録っては消しの毎週で。
でも、そんな中で、スタッフは一応「裏か表か」を作ってくれたし。とんでもない「旋風編」のあとに「風雲竜虎編」を少し作ってくれたし。
だから、とりあえず。
とりあえずまだ。
そんなこんな……なのです。

全11回なんですか(TT)
……いや、確かに「血風編」なんて全11話で見事な世界を描いてくれたし……それを思えば……まだ期待が……
(TT)
……難しいかも……
次期があるんですか?(期待しているのかも)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

で、主水を誉めてくださって嬉しいです。
同じように感じる他の方々へも同じ気持ちです。
それに私は藤田さんのファンでもあるので、結果的に彼がここまで有名になったことは嬉しいに決まってるじゃないですか~
以前「てなもんや三度笠」のファンの方々の掲示板で、時次郎が有名になって出世してうれしい…みたいなことが書かれてたことがあるんですが、まさにそんな気持ちです。

私は「必殺の方向性を憂う者」ではないんですよ~。
単純に、好きだったキャラが変わって不満なだけなんです。
だから自分を「必殺シリーズのファン」とは決して言ってませんでしょ。(プロフィールにも書いてないです)

素直になる、ならないのお話ではなく、そこにある作品を観て、それを今の自分がどう感じるかだけなんです。
私以外の全世界の人間が感動しても、自分が感動しなければ無価値なんです。
私が感動したら、他人が見向きもしなくても私にとってかけがえのないものなんです。

私はとにかく「『2009』を見て、いったい面白いと思ってくれるんだろうか?」とか「『V』あたり、当時はまあウケていたとして、今の人……例えば当時の有力なターゲットの1つだったらしい層が見たらどうなんだろう?」というかなり悲観的な思いがあったので、それらに対して「シリーズの他の作品と比べてどうだ」とか「作品単体の価値としてどうだ」とか要らぬ判断基準を持ち出さないで本当に「つまらなかった……」「面白かった!」と感じてそれを書いているのが新鮮というか感動(笑)だったんですよ。
特に、「新仕置人」とかを面白いと思って感想文まで書いているような人が、仕事人ナンバーシリーズを観た……私なんぞはもう頭が凝り固まってますから、「なんじゃこりゃあ!」と斬って捨てるであろうと勝手な推測をしていたんですよ。ところが、さにあらず。それに対して、余分な判断基準のない「素直な感想」と思ったんですよね。目から鱗が落ちました(笑)。
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター