スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古畑任三郎「VS二本松晋(陣内孝則) 笑うカンガルー」

初の長時間スペシャルが、これ。
 1時間シリーズとして始まった『古畑任三郎』なので、長時間にして間延びしないかな等の危惧もあったが、余計な心配だった。

 うれしいのは、長尺にするために不要なバラエティを入れたり、無用な連続殺人にしたり、そういった〈引き延ばし〉を使用しないで、ちゃんと「VS」一本で貫いてくれたこと。(エンディングに、普段はないコントが入ったが、のちのち定着したりしなくて本当によかった)
 長尺版ということで、いろいろ試行錯誤めいたものも見えたが、やはりかなりの頭脳の持ち主が相手だと、名探偵とのVSが本当に楽しい。ワンサイドゲームのミステリは単調になる(だから星影龍三は最後の最後にしか出てこない)。
 2時間でも楽しくちゃんと「古畑任三郎」になる。それを証明してみせた作品として意義が大きい。
 犯人の出すクイズを解いてみせる古畑というのは、コロンボの「殺しの序曲」の変奏曲か。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。