スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古畑任三郎「VS小清水潔(明石家さんま) しゃべりすぎた男」

第1シーズンが終了し、海外編スペシャル一本を経て、ついに復活した第2シーズンは、VS明石家さんまのスペシャル版からのスタートだった。
 今泉のドタバタがエスカレートして、第1シーズンではまだ普通の刑事だったのが、どうやって刑事になれたのか判らない道化役になってしまったが、ドラマ自体は充実した面白さを見せつけてくれた。これは第2シーズン全体に言える。

 時間延長の弊害たる間延び、くどさなどが特に感じられず、よもや古畑で法廷物が観られるとはという感慨が大きかった。そして、弱くはあるが畳み掛けられる詰め手。
 小清水の弁舌なら跳ね返せるだろう詰め手ではあったが、跳ね返すのと覆すのとは違う。「疑わしきは罰せず」は跳ね返すことで得られるが、「疑わしき」そのものは覆すことでしか得られない。そして、小清水も古畑の論法を覆すのは難しすぎると解っていたのだろう。
 VSミステリをしっかり楽しめた一品だった。

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。