古畑任三郎「VSのり子・ケンドール(鈴木保奈美) ニューヨークでの出来事」

 犯人の述懐を聴きながら、それに基づいて推理する、なかなか類例を見ないタイプの安楽椅子探偵+VSもの。
 そしてまた、よくよく考えれば、今更ながらこのエピソードは倒叙ものではないのだ。
 視聴者は最初から「のり子・ケンドールが犯人」というつもりで観始めているし、ついつい、いつもの倒叙ミステリとしての『古畑任三郎』の気分で観てしまうが、実は全く倒叙ミステリの要件は満たしていない。実は、この感想文を書き始めるまで全然思ってもいなかったのだ、このエピソードが『「古畑任三郎」最初で最後の非倒叙』だったとは。
 「今、甦る死」すら倒叙の要件を満たしているのだから、こういう言い方も可能なんじゃないかと思って、わざと断定的に言ってみたのだが、さて、実際はどうかな?

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター