スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕事人2009第7話「金が仇」

前回の第6話「夫殺し」もイエローライオン西村和彦と奥さんのドラマが見甲斐を造り上げていたが、今回もなかなか良い感じだったと思う。
被害者と加害者間にドラマがあり、加害者にはキャラクターがあった。
被害者と仕事人との間に感情の行き来があり、のみならず激情があった。
これからもこうした形のツルギー感があれば、「仕事人シリーズ」としては風雲竜虎編や激闘編と同程度かそれ以上にまでいける目もあるのではないか?

強いて注文したいところとしては、せっかくメイン被害者と絡んできた涼次がちゃんとメイン加害者を仕置きする流れまで進み、盛りあがったあと、どーでもよろしい番頭の片付け仕事が最後にトリに来てしまうのはもったいなかったか。渡辺小五郎の「今週の一言」がないのは今回はすばらしい(笑)のだから、涼次の仕置を盛り上がりのトリとして、そのまま涼次のエンディング映像でいいのでは?

エンディングの後の渡辺家コントは、まあ、エンディングの一部として存在するものとして、許容することに決めるとして(笑)。

「新仕置人」あたりでも、己代松がメイン加害者を仕置きしたあと、のんびりと主水が雑魚をかたす流れの回もあったけれど、そのあと己代松エンディングがドラマとして続いていたので、さほど残念感はなかったように記憶している。この2009シリーズでは、小五郎の仕事のあと即座にエンディングに入るのでそうしたカバーが難しいか。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。