幻魔大戦deepトルテック

最後の最後でなんとも言えない感慨が。

最初の、「少女のセクソロジー」がなんとも読みづらく……というより、ベクトル感覚がまるでやってきてくれず、この文体はなんなんだろう、と思ってしまった。「deep」のみちる編も決してこんな感じではなかったのだが。シナリオ調とは違うのだが、感情移入が分断されてしまう。これがトルテック感覚か?

それが、いよいよ本編に入ってから、おや、これは、この“ねちっこさ”は平井和正じゃないか、と寧ろ驚きを感じたくらいだった。主人公達の心情が綿密に描写され、重みを持つ。主人公が校長先生というのが問題だが(笑)、しかし、なんだ、よかった、書けるじゃないですか、という感じだ。
それとは別に、全く別個の長編「アブダクション」のキャラクターが平然と登場し、そのまま「幻魔大戦」に関与している。この開き直りのような強さはなんなのか。もっとも、deepの時点で青鹿晶子の名を持つ女性が登場している時点で、一つの兆候はあったのかもしれない。

前作deepと比べて全く異なっていたのが、この開き直りとも言うべき大盤振る舞いだった。「アブダクション」との融合のみならず、登場してくる……犬神明たち!
不死鳥作戦、神話人種と、まるごと「ウルフガイ・シリーズ」と「月光魔術團」まで持ち込みながら、しかし、そのアダルトウルフは神明ではなく、犬神明と名乗るのだ。そして、もう1人の若い犬神明と青鹿晶子。

思うのは……やはり、まずはこのアダルトウルフのことだ。彼は神明ではなく、なぜ犬神明なのか。
これは、やはり最後の集束だったからなのだろう。つまり、「人狼天使」の宇宙は閉鎖を受け、アダルト犬神明は世界を移したのだ。そして、神明に“上書き”した。そう思った。これこそが唯一の、アダルト犬神明の「続編」だったのだ。アダルト犬神明、ロボ。久しぶりだね。やっと安らげそうだね。

若き犬神明と青鹿晶子も再会を果たした。

不思議くん、ミスティー少年は最後まで、これは四騎忍に感じられて仕方なかった。口調や態度がそう思わせたのだ。そこをうっちゃって、幻魔司政官が登場するとは……今この場面で、よもや司政官が現れようとは。“彼”でも“奴”でもない、あの存在が。

だが、なにより平井和正らしいと思わせたのは、あの長大な「アブダクション」での唯一の成果だったかのような女呪術師集団の生成を、あっさりと「失敗だった」と片付けてしまう凄まじさだろう。GENKENを斬って捨てたのは、まだはるか過去の清算と言えるかもしれない。だが、「アブダクション」は同じトルテックシリーズの系列の直近の産物だ。しかし、平井和正にはすでにそれさえ「まだまだ……!」になってしまうのだ。
変わるぞ。平井和正。まだまだ変わるぞ。

そして……
ルナ王女もリア王女もいない世界で、ベアトリスの生誕しない世界で、ムーンライトでなくサンシャインのいる世界で、シレーヌ王女の世界で、ひっそりと、“光のネットワーク”ではない個人の力で、あっさりと幻魔大戦は終幕を迎える。

戦争芸術家、幻魔司政官シグは、封印され、“大連盟”もサイボーグ戦士もエスパー戦団も必要とされず、幻魔と戦うことはそれ自体が幻魔と化すことという丈の言葉と共に、もはや光のネットワークという青春は思い出の中にのみ留められる。
もはや、幻魔は脅威ではないのだ。

GENKENの趨勢も、犬の帝国の行き先も、CRAの活躍も、すべては懐古される思い出となった。仮に語り続けられるとしても、それは未来の分からない物語ではなく、昔話として静かに語られることとなるだろう。寓話として、穏やかな中で。

幻魔大戦がこれほど静かに、穏やかに、何もかもを纏めて終わるときが来るとは、どうやって想像することができただろうか。あまりに巨大な物語、あまりに巨大なテーマを、どうやって……

しかし、代表者同士の一つの決着が、これほど完璧な幻魔大戦の終わりを見せようとは。そして、その代表者は、片や原初の司政官であり、片や最新参の少女だったのだ。

トルテックという存在の本質、“非情”、“人格のない”ということは、いったい受けいれていいものなのかどうか、わからない。けれど、いま敢えて受け入れてみることも、考え込んでしまうこともないのだろう。時間がない、時間がない、時間がない……という幻魔大戦、ハルマゲドンは終わったのだ。

ウルフガイもアダルトウルフガイもアブダクションも、そして幻魔大戦が、終わったのだ。

しかし、この平井和正が最後の1匹とは思えない。
かならずまた、お目にかかろう。
スポンサーサイト

おっぺが融合した

おっぺが融合したの?
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター