必殺仕事人III第1話「殺しを見たのは受験生」

このPART3から、ひかる一平演じる西順之助が登場し、「仕事人シリーズ」のコメディ化が進行し始める。
 が、最初の数話に関する限り、実はさほど悪い出来ではない。順之助のキャラクターがちゃんと描かれ、これなら、「新必殺仕置人」の正八が殺しを本格的に始めたなら、みたいな感じにも見て取れなくもない。

 また、画面としても、たとえば順之助を仲間に入れる入れないで仕事人たちが順番に語っているシーンなど、単にダラダラ俯瞰で撮っているのでも、順に喋っているキャラの顔を撮っているのでもなく、いかにも必殺らしく凝ったワークの絵になっていて、十分に見応えがある。アジトでのシーンも、のちに藤田まことが嘆いたような「せっかくみんな集まっても、ただ難しい顔をして金を取るだけ」ではない。つまりは、まだまだルーティンワークは始まっていないというわけだ。

 たぶん、このPART3の中途から、ダレ・惰性が始まり、集中して観るのがつらいキレのない画面、ストーリーが始まってしまったのだと思う。もし、この初期話数のまま、「純真な少年、西順之助が、いかに堕落したか、あるいは成長したか」で描ききることができれば、必殺の歴史は全く変わっていたに違いないのだが。


スポンサーサイト

この作品から甘くなってきたんですよね。激辛カレーから甘口カレーへと変化・・初期だったら絶対殺してましたよね。この回を一緒に観ていた友人が一言

中村主水って水戸黄門みたいなもん?

とうとう水戸黄門呼ばわり・・言われても文句は言えませんよね。

いや、初期であっても、「目撃されたから無関係の第三者を殺す」というのはやっていないですね。だから、仕置屋第一話のラスト、はたして少女の目が見えていたなら市松はそれをやっていたのか、が一つのテーゼだし、その瞬間、主水は狼狽の表情を見せていたわけです。
とはいえ、この順之助登場回での主水の「金をもらうのは歯止めなんだ」は主水らしい気取りとは言え、正義のシロップにまみれていると言えば言えるかもしれません。
Secret

プロフィール

ピンクル

Author:ピンクル
名前:
おっぺ(カメ)

ピンクル(ゾウ)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

読書メーター

pincleの最近読んだ本

鑑賞メーター

鑑賞メーター
pincleの最近観たビデオ

最近の記事

最近のコメント

Lc.ツリーカテゴリー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

FC2カウンター